しみが出来るメカニズムって?肝斑は消せる?

しみには、紫外線が影響しているものと、女性ホルモンが関与しているものとに分けることが出来ます。
女性ホルモンが影響しているしみのことを、肝斑と言います。
これらの情報伝達物質を受けて、チロシナーゼという酵素がメラニンを生成します。
紫外線を浴びると、肌が黒くなります。
その為、メラニン色素が外に排出されなくなり、皮膚に沈着し、しみとなってしまいます。
肝斑は、30代~50代にかけて現れるしみになります。
女性ホルモンが影響していることも確かですが、紫外線を浴びることで症状が悪化してしまうことも多いことから、紫外線との関連もあるとされています。
肝斑は、加齢と共に出来やすいとされていますが、60代を過ぎると肝斑は出来ないと言われています。
しみも肝斑も、紫外線が敵であることには変わりないということは確かです。