RSSを使って出来ることについて

<1つ目> RSSファイルを取り込みWebサイト内の情報を表示します。RSSファイルを配信しWebサイト内の情報を配信することになりますね。 RSSを使いWebサイト内の情報を表示する場合、RSSに対応しているRSSリーダーか、あるいはRSSに対応しているサービスを用意しなければいけませんよ。(笑顔)

RSSリーダー、RSS対応サービスを使うとRSSリーダーなどへ登録したWebサイト内へアクセスすることがなくても、直接最新の記事のタイトルとか、概要、日付をリストとして見ることが出来ます。タイトルはリンクになっています。ですから、興味があるタイトルをクリックすれば元のサイトの記事を開くことが出来ます。

RSSリーダーを起動するだけで、サイト内へアクセスしなくても確認することが出来ます。 RSSを使いWebサイト内の情報を配信するには、RSSファイルを使い配信しますよね。 RSSを使う事で、RSSリーダーを使う人、またRSSでWebサイト、ブログの情報を表示している人へ、迅速に最新のタイトル、概要などを知らせることが出来ます。 広範囲に迅速に配信することが出来ると言うのが大きなメリットになります。